沖縄観光にレンタカーが絶対必要なわけ

沖縄では車がないと移動手段が困難です。旅行の際はできるだけレンタカーを借りて移動をしましょう。 - 沖縄観光にレンタカーが絶対必要なわけ

沖縄観光にレンタカーが絶対必要なわけ

htdukd
沖縄にやって来たらあなたは、足の確保をどうしますか。着いてから考えようとか、バスやタクシーやモノレールでもいいかと考えていませんか。確かにそれでもいいのですが、やはり目的地などを考えたときには、レンタカーが必要になってくるでしょう。

そもそもの沖縄の交通事情とは

そもそも、沖縄の交通事情はどうなっているのか知っていますか。まずは沖縄にはモノレール以外の鉄道はありません。普通に電車もなく、さらに地下鉄もありません。モノレールも2016年では那覇市内のみです。計画では那覇市の隣の浦添市まで延ばすことも計画されていますが、運行するまでにはまだまだ先です。ちなみに沖縄にも、鉄道を作ろうと計画はでています。那覇市から名護市までですが、ルート案もいくつかあり、まだまだ先でしょう。
ですので、沖縄は主な交通手段は車です。車で仕事へ出勤も多く、そのため朝夕はバスレーンといって、朝は那覇市向け、帰りは那覇市から北向けへ、左車線がバス専用となってしまいます。これにより、ここを走ると警察に捕まるのです。
また、車社会なので、バスが時間通りに来ないケースもしばしばあります。けっこう昼間からでも、あちこちで渋滞も起こるからです。さらに北部へ行くほど、バスの数も減り、乗ろうとしてもなかなかバスが来なくて大変なんてこともあります。南部から北部へ行くのには、バスでも行けますが大変でしょう。
また、タクシーも北部へ行くほど減ってきます。ホテルからならば拾えるでしょうが、やはり拾うのは大変です。那覇市だと、一番の繁華街ですので、すぐに拾えるでしょう。

こんな交通事情を考えるとレンタカー

yjtd
こんな交通事情を考えると、好きな時間に移動ができて、また移動にかかる費用もおさえされるレンタカーを借りたほうが良さそうです。
レンタカーを借りるといっても、普段あまり運転していない人には不安も大きいかもしれません。でも、安心してください。朝夕のバスレーンやお酒を飲んでの運転をしなければ、特に沖縄の道自体は運転はしやすいでしょう。沖縄は飲酒運転が常にワースト1、2なので、深夜の検問も多いです。つい羽目を外して運転をしたら、大変です。
道路自体は、那覇市から北部までも58号線という国道を走っていくだけで着けます。目的地そばまでは、大抵はここを通れば着けます。また高速もカーブもなくただまっすぐに進むと
北部へ着けます。車間距離とスピードに気をつければ、それほど運転は難しくはありません。
バスやタクシーだと、なかなか時間の計算もしにくいのですが、自分で運転をしていれば、何となくでも予想としやすいでしょう。また、途中でどこかに立ち寄るなんてのもしやすいですし、ショッピングセンターなどで買い物をしてもレンタカーならば持ち運びもしやすいでしょう。
レンタカーがあったほうがやはり、お得なことも多そうです。

レンタカーの手間はどうなのか

とはいっても、レンタカーを借りたり、返すときの手間は面倒くさそうとか思っていませんか。まず、レンタカーは前もって、予約はしておきましょう。7〜8月だとすでに満車のケースもよくあります。早め早めの予約が大切です。また、営業所での手続きには、注意点や保険の説明や車のチェックや支払いなど1時間くらいはかかかります。そして、プランによっては、営業所ではなくホテルで借りれたり、ホテルで返却(乗り捨て)もできるようになっています。これを利用すれば、手間も多少楽になるかもしれません。きちんと安心して借りたり、返すためにも多少の手間は、仕方ありません。

最後に

レンタカーを借りればきっと、あなたの行動も広がるはずです。ぜひ借りてみて、沖縄を走っていきましょう。

Copyright(C)2016 沖縄観光にレンタカーが絶対必要なわけ All Rights Reserved.